ALT.ELECTRO80'JP

albums details
Music Artists: Various Artists
Title: ALT.ELECTRO80'JP
Release date: 9 August 2005
Format: CD
Cat.No.: DKCR-10002
File Under: Electro/House/Rock

Tracklisting:
  1. ZONE TRIPPER
    FRICTION
  2. GAME OVER GENERATION
    KIRIHITO
  3. MINERALOID
    EP-4
  4. FALL
    Phew
  5. TRAFFIC CIRCUIT
    LOGIC SYSTEM
  6. WINECOLOR SICK
    CHANCE OPERATION
  7. DANCE SONG
    NON BAND
  8. KINGDOM
    LIZARD
  9. LE CHANT DE LA HONTE!
    CHIKO HIGE×KAORU SATO
  10. IQ-179
    YASUAKI SHIMIZU
  11. WHY
    URBAN DANCE
  12. SAY!
    JAGATARA


Additional Info:

レーベルMAD SKIPPERSの基本コンセプトである『ALTERNATIVE ELECTRO』の原点をコンパイルしたコンピレーションです。80年代の日本のALTERNATIVEシーンを中心に今の時代に聞いても全く新鮮なインスピレーションをあたえるもののみコンパイル致しました。精神としてのPUNK,感性としてのELECTROこの二つが交差し新たな熱を放っていた時代の音で、世界的にシーンが盛り上がる中、日本においても今最も再評価されるべきものです。当時まだYMOとしての活動をしていた坂本龍一もこのシーンのバンドと密に接点を持っていました。当時の空気感を次の世代に確実に伝え、ここからまた新たなムーブメントが始まる。そんなビジョンを持ったMAD SKIPPERSが自信を持ってお届けする、新たなシーン『ALTERNATIVE ELECTRO』への橋渡しになるアンセムな作品集です。

ファーストシングルは坂本龍一がプロデュースを手がけ,その後アルバムはTECHNO/PUNKの原点でもあるドイツのグループCANのコニープランクにプロデュースされたカリスマ女性ヴォーカリストPhew。イギリスのPUNKのカリスマ、ストラングラーズのJ.Jバーネルにプロデュースされデビューした東京ロッカーズ(東京のNEW WAVE ムーブメント)の中心的バンド LIZARD。ファーストアルバムは坂本龍一がプロデュースし、今だ様々なミュージシャンから絶大な支持を受け続けるFRICTION。当時マライアに在籍していた清水靖晃のソロ。坂本龍一、渡辺香津美等が参加したアルバムから。YMO第4のメンバー松武秀樹のLOGIC SYSTEM。 そして、今回の目玉!!ベールに包まれた伝説のEP-4とそのEP-4のVo. KAORU SATOとFRICTIONのCHIKO HIGEのコラボレート作品。どちらも待望の初CD化。

Comment

NEW ARRIVAL


New Album
「JOUJOUKA / The Sound Kills Despair」

Track list
1. NEW STANDARD
2. AND JUSTICE KILLED
3. AWAKEN BEAT
4. FEEL RIDE ROLL
5. HYPER GROOVE
6. UNKNOWN COMPLETE SIGHT 7. PAINLESS PAIN
8. THE SOUND KILLS DESPAIR 9. FAKES FOR SALE

DJTSUYOSHI, FUNKY GONG & MACKEEL TAISA (ex. PANORAMA AFRO)からなる3ピースバンド、JOUJOUKA! ロックとクラブ・ミュージッ クの融合がより一層強調された、 7年ぶりのフル・アルバム 遂に完成!!

フィードバック・コメント
TAKESHI UEDA / AA=
JOUJOUKA7 年ぶりのアルバム! ダンスミュージックが変化し続ける中、JOUJOUKA も過激に変化を遂げている。 このサウンドはフロアを踊らせ、そしてノックアウトする程力強い。 これはダンスミュージックであり、ロックだ!

SUGIZO
彼らを同じ目的に向かって挑み続ける同士だと感じている。 常に境界線を越え、新しい音の配合を追求し、新しい刺激を求める戦士。 ただただひたすら純粋で、美しい、彼らの音とアティテュードにいつも心から鼓舞される。 待望の JOUJOUKA の新作、もう最狂で最幸!

DJ Q'HEY
テクノとロック双方が持つ最もハードでアグレッシブな部分を見事に融合させ、世界中を震撼させた奴らが 7 年ぶりに帰ってきた!性急に刻まれるビート、激しく迸るギター、宙を舞うシンセ、スリリングに吐き出されるリリック ... このアルバムで聴けるのは、これらが渾然一体となった魂を揺さぶる音の塊だ! 例え今、あなたがどんな絶望の淵に立たされていようと、このデンジャラスなサウンドには決して太刀打ちできない!

田中知之 (FPM)
Joujouka の音楽はロックとダンスミュージックが和解したものではない、常に一触即発なのだ。

REE.K
好きなことを思い切りできる人たちはカッコイイ!!どの道を進んだらいいのか、本当はいつも自分の心が知っている。 このまま切り裂きながら突き進め Joujouka !


JOUJOUKA "The Sound Kills Despair" Tour 2013
6/7(Fri) Club Cave in Kagoshima
6/8(Sat) @Django in Kumamoto
6/14(Fri) Madskippers@clubasia in Shibuya/Tokyo
6/15(Sat)@Force in Hamamatsu
7/12(Fri)@Pepperland in Okayama
7/13(Sat)@Rock Allow in Kita Kyusyu
7/27(Sat)Matsuri Digital Open Air in Nagano


New Single 「NEW STANDARD」
1.NEW STANDARD -original mix-
2.THE SOUND KILLS DESPAIR
- CAPTAIN HOOK GET AMONGS IT remix –
3.DON'T TOUCH ME (I'M ELECTRIC !)
– FUNKY GONG re-work-

'98年、衝撃のUK/ヨーロッパデビューを果たし、その後国内/海外のフェスティバルを総なめにした、日本が世界に誇る、エレクトロロックバンドのパイオニアであるJOUJOUKA。 2013年4月、待望の彼らの7年ぶりのアルバムがついにドロップされる!今回から、新メンバーに元パノラマアフロのボーカリストである、マキール大佐が加入し、ロックとクラブミュージックの融合がより一層強調された、新たなJOUJOUKA伝説が再び幕を開ける!

Joujouka "New Standard" directed by Stéphane H produced by Crosslight Global Entertainment from stephane H on Vimeo.

New Single
ARTIST : JOUJOUKA
TITLE : NEW STANDARD
LABEL : WAKYO RECORDS www.wakyo.jp
発売日 : 2013年4月3日
問い合わせ:Waon Productions 鈴木伸哉
shinya@waon-productions.jp


■ MADSKIPPERS feat.Planet & MONSTAR
「Next Consciousness ~次なる意識~」
日時:2013.1.13.Sun
Door : 3500yen , W/F : 3000yen
Open / Start : 23:00


■ Madskippers inTaiwan @Club Lotus

MADSKIPPERS presents 「UPPER LEVEL」
2012年6月8日(FRI)
23:00~05:00
@Lounge Neo (shibuya)

あのMADSKIPPERSが「UPPER LEVEL」というサブタイトルで、クラブエイジアの真ん前のラウンジネオで今年一発目として、復活します!音と映像にハマって下さい!

more info...


■ SUGAR DREAM by BEATKRUSH & D.J RINANEKO


■ Unknown Complete Sight by Joujouka


■ Painless Pain by Joujouka
次のMadskippersイベントは9月30日@CLUB ASIAで!
ライブ出演:Joujouka / Galaxy 7 / The Samos予定!

FOLLOW MADSKIPPERS

ARTIST News

FALLING feat.Marcellus Nealy

Funky Gong BLOW Tour 2010

MADSKIPPERS! vol.1

・FUNKY GONG INTERVIEW
意外にもこれまであまり語られる事
の無かった、FUNKY GONGの
ミュージシャンライフの原点などを
紐解きながらアルバムリリースへの
想い、ギタリストとして、そしてDJ
としての展望等を独占インタビュー!

詳しくはMSN BEATCULTURE にて



レコチョクにてFUNKYGONGの
[ 着うた] [着うたフル] のダウンロー
ドがスタート!

more info......


FOLLOW MADSKIPPERS

MADSKIPPERS MOBILE SITE

LINK